特別チャリティ講演会(2011/5/13)

「大災害時のソーシヤルネットワーク・インターネットの効用と課題」

●日時:5月13日(金)13:00~16:00(当初予定を30分間延長)

●場所:東京カルチャーカルチャー
    東京都江東区青海1丁目3-11Zepp Tokyo2F
    http://tcc.nifty.com/accessmap/

●開催趣旨
 阪神・中越そして東日本大震災にいたる大震災。そのときソーシャルメ
デイアの果たしてきた役割と今後の社会的、法的、技術的可能性を検証し
ます。マスメディアとの補完関係が成り立つのか、被災者、政府・自治体、
ボランティア間において共有すべき情報精度を上げるためにできること等、
第一線で実践されてきた講師を迎えての議論です。

●講師:(敬称略)
 藤代 裕之(ガ島通信主宰、ジャーナリスト)
 金子 郁容(慶應義塾大学政策・メディア研究科教授)
 村山 優子(学会理事長、岩手県立大学教授)
 高橋 厚氏(りんごラジオ(やまもとさいがいエフエム)代表)
 飯田 英典(ラジオ福島制作報道部-震災当日番組のディレクター)
 小野 則昭(ラジオ福島企画事業部-Web ソーシャルメディア担当)

 司会:
 一戸 信哉(学会理事、敬和学園大学人文学部准教授)

 企画:
 丸橋 透(学会理事、ニフティ株式会社)

●講演資料:
 資料一括:inlaw-20110513.zip (3.8MB)

 上記の資料一括には、以下の4つのファイルがすべて含まれています。
 個別にダウンロードしたい場合のみ、以下のリンクをお使いください。
  金子 郁容氏:20110513-kaneko.pdf (1.3MB)
  藤代 裕之氏:20110513-fujishiro.pdf (260KB)
  村山 優子氏:20110513-murayama.pdf (375KB)
  飯田 英典氏、小野 則昭氏:20110513-radioFukushima.pdf (2.2MB)

●講演の記録:
 講演録画映像の再生:http://www.ustream.tv/recorded/14664740 (3時間)
 講演中のツイート記録:http://togetter.com/li/135120

●チャリティー:
 チャリティチケットとして参加者お一人1000円ずつの東日本大震災
 チャリティにご協力いただきました。
 (チケット集金業者への手数料を学会が負担して、参加者からお預かり
  した全額を寄付いたします。)

●講演の様子:

 

 

 



<問合せ先>
 下記の事務局まで、メールでお問い合わせをお願いします。
 メールの件名は、「特別チャリティ講演会(2011/5/13)の問い合わせ」で
 お願いします。

 情報ネットワーク法学会事務局
 sec_office(アットマーク)in-law.jp
 ※(アットマーク)の部分を、半角の@記号に置き換えたものが
  メールアドレスとなります。